各部門のご案内-Information for each department-

輸血部

医師紹介

平成29年5月1日現在
t-yamasaki.jpg 部長
山﨑 隆弘 教授

主な診療内容

輸血のための検査と輸血用血液の管理を行っています。また、当院輸血部の特徴として、自己血輸血のための自己血の採血・管理、末梢血幹細胞移植のための末梢血幹細胞の採取などを行っています。

輸血検査
検査項目は血液型検査、赤血球不規則抗体検査、交差適合試験、血小板抗体検査などです。輸血検査は臨床検査技師による24時間体制で実施しています。
輸血用血液管理
輸血用血液の厳密な温度管理を行い、管理のためのコンピューターシステムを導入しています。
自己血輸血
手術前にあらかじめ自己血の採血を行い、手術中に輸血を行います。通常の輸血による感染症などを回避することができます。
末梢血幹細胞移植
末梢血中の造血幹細胞を成分採血装置により採取し、この後、化学療法時に輸注を行います。このことにより末梢血の速やかな回復が得られます。
当院での輸血
当院では輸血副作用を避けるため輸血は最小限にとどめ、適切な血液製剤を用いるように努めています。 輸血の必要性、副作用の可能性、他の手段があるかないかをよく理解していだだくことが重要と考えています。

年間輸血量(平成28年度)

赤血球製剤 7,961
血小板製剤 14,430
凍結血漿 5,751
(単位)
資料画像:採血の様子

自己血採血

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
第一内科
第二内科
第三内科
神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
第一外科
第二外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します