各部門のご案内-Information for each department-

呼吸器・感染症内科

今月の外来日割表

医師紹介

令和元年5月1日現在
医師写真:松永 和人 科長
松永 和人 教授

主な業務内容

 肺癌は、我が国の癌の死因の上位を占める疾患です。確定診断には肺のカメラを使用しますが、ほぼ全例でエコーを用いて病変を描出しながら生検を行うことで診断精度を上げています。診断のついた肺癌に関しては、呼吸器外科、放射線科、放射線治療科の医師と連携し、一人ひとりに適切な治療を提供しています。外来化学療法も積極的に行っています。

 また、難病指定の間質性肺炎は、地域の病院から多くご紹介をいただいております。この疾患は、徐々に肺が硬くなり呼吸不全が進行する病気です。原因不明なものも多く、当科医師全員で話し合いながら、原因究明や診断・治療に当たっております。

 その他に、慢性的な咳、肺炎、喘息、COPDなど呼吸器疾患全般についても診療を行っております。健康長寿社会の実現を目指し、リハビリ介入や吸入薬の指導、在宅酸素の導入など幅広く診療を行っております。特に、喘息、COPDでは呼気中のガス分析(呼気一酸化窒素)を利用した個別的な医療の提供を行っております。重症喘息では分子標的治療薬を積極的に導入し、患者さんのQOLを向上させる治療を行っています。

取り扱っている主な疾患

呼吸器疾患全般
ぜんそく、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)などの咳や息切れが長引く疾患、肺炎、肺がん、間質性肺炎、慢性呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群など

資料画像:気管支内視鏡検査の実際
気管支内視鏡検査の実際

資料画像:呼気NO濃度の精密測定法
呼気NO濃度の精密測定法

診療実績

外来患者の内訳


外来患者受診主訴

外来患者受診主訴


外来患者診断結果

外来患者診断結果



入院患者の内訳


入院患者の内訳

(診療実績)呼吸器感染症内科入院患者の内訳


入院患者の診断結果

入院患者の診断結果

呼吸器・感染症内科へのフロア案内図

サムネイル:フロア案内図
1F-フロア案内図

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
内科
脳神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
外科
整形外科
皮膚科
形成外科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝・がんゲノム診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します