各部門のご案内-Information for each department-

医師紹介

平成30年5月1日現在
杉野法広先生.jpg 科長
杉野 法広 教授

診療内容

腫瘍分野

婦人科悪性腫瘍に対して、診断から治療まで包括的な医療を提供します。それぞれの患者の状態に応じて手術療法、化学療法、放射線療法などを適切に組み合わせた集学的治療を、過不足の無いように行うことをモットーとしています。

周産期分野

ハイリスク妊娠、合併症妊娠、胎児疾患に対して周産期集中医療を行っています。搬送もMFICU(母体・胎児集中管理室)とNICU(新生児集中治療管理室)と合わせて、24時間体制で受け入れています。

子宮内胎児発育不全症例は、当科で開発した胎児血流の指標を駆使し、適切な管理を行っています。胎児先天異常の超音波学的ならびに遺伝子診断をもとに、新生児チームと密に連携して治療を行っています。

生殖内分泌分野

不妊症、ホルモン異常、月経異常、子宮内膜症、子宮の先天奇形といった生殖領域の広範な問題に対応しています。

若年者の月経異常に関しては、DNAレベルでの高度な診断を独自に行っています。また不妊症では原因の正確な診断およびそれに基づいた治療を行っており、腹腔鏡や子宮鏡などの内視鏡を用いた治療、さらには体外受精胚移植といった生殖補助医療も積極的に行っています。さらに当科での研究結果から、卵の質を向上させる目的でメラトニンを投与し、良好な成績を得ています。

取り扱っている主な疾患

産婦人科全般のあらゆる疾患を対象としています。
婦人科悪性腫瘍、良性腫瘍、生殖内分泌疾患、不妊症、ハイリスク妊娠、合併症妊娠、胎児疾患

診療実績(平成29年度)

開腹手術
(134件)
腹式単純子宮全摘術 30
卵巣腫瘍手術
(試験開腹術)
44
子宮頸がん手術 13
子宮体がん手術 16
卵巣がん手術 14
その他 17
内視鏡下
手術
(171件)
子宮鏡下ポリープ切除術/
子宮筋腫核出術
17
腹腔鏡下卵管摘出術 15
腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術 66
腹腔鏡下子宮筋腫核出術 17
腹腔鏡下子宮全摘術 45
腹腔鏡下子宮体がん手術 7
その他 4
経膣手術
(60件)
円錐切除術 33
腟式単純子宮全摘術 2
その他 25
産科手術
(184件)
帝王切開術 163
子宮頚管縫縮術 19
その他 2
(件数)
  • 分娩 419例
  • 体外受精胚移植 90周期

産科婦人科へのフロア案内図

サムネイル:フロア案内図
2F-フロア案内図

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
内科
脳神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します