1. HOME
  2. 各部門一覧
  3. 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

今月の外来日割表 English

最新治療動画紹介
電話
HP
ホームページはこちら >>

医師紹介

医師写真:山下 裕司
科長

山下 裕司 教授

診療内容

耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の疾患について、QOLの向上を常に心がけた最先端の医療を提供しています。聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚などの感覚器の疾患については、基礎的研究から得られた知見をもとに、正確な診断と最先端の治療を提供いたします。耳に関する分野では、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対しては、神経モニター、内視鏡を併用した安全な手術を心がけております。難聴・めまい疾患に対しては、新規技術として導入済みの遺伝子解析、内耳造影MRIを用いた正確な診断のもと、治療方法、対応方法についてお示しいたします。アレルギー疾患の重症でお困りの患者さんには、舌下免疫療法、抗体製剤療法をお勧めしておりますので、受診をご検討ください。鼻、副鼻腔疾患の手術的治療では、ナビゲーションシステムを併用することで、安全で確実な術式を選択しています。 最近、社会現象となり注目を集めている、いびき、睡眠時無呼吸症候群に関しては、専門外来を開設し、専門医が診療にあたっております。頭頸部の腫瘍に関しては、手術後の嚥下障害、構音・発声障害などの機能障害をできるだけ少なくすることを重視して、治療方針を決定しています。音声外科分野では、喉頭内視鏡検査、ストロボスコピーに加えて発声機能検査を備えており、音声改善手術も多く行っています。また、重度の嚥下障害に対する誤嚥防止術は症例に合わせて手術法を決定し、QOLの向上を目指して積極的に行っています。

耳鼻咽喉科は、広範な分野の疾患に対応する必要がある特殊な分野ですが、各分野の専門医が、協力して診療に従事していますので、患者さまのご要望にお応えすることができます。

取り扱っている主な疾患

めまい(メニエール病など)
難聴、補聴器、人工内耳
副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎(レーザー治療)、嗅覚障害
滲出性中耳炎、小児難聴
中耳炎(中耳手術、鼓膜形成)、顔面神経麻痺
音声言語障害、嚥下障害
頭頸部腫瘍、形成外科
甲状腺腫瘍
いびき・睡眠時無呼吸症候群

診療実績(令和3年度)

鼓室形成術 29件
人工内耳 7件
アブミ骨手術 0件
顔面神経減荷術 14件
内視鏡下副鼻腔手術 110件
扁桃摘出術 71件
喉頭微細手術 26件
頸部郭清術 58件
喉頭悪性腫瘍手術 7件
甲状腺手術 44件
耳下腺手術 13件

令和3年度耳鼻咽喉科外来診療実績
外来患者数:18,957人
新患患者数:1,006人

資料画像:手術の様子
ナビゲーションシステムを用いた内視鏡下副鼻腔手術
資料画像:手術の様子
経外耳道的内視鏡下耳科手術
資料画像:診察室の様子
外来診察室

フロア案内図

フロア案内図はこちら
ページトップ