1. HOME
  2. 各部門一覧
  3. 漢方診療科(総合外来)

漢方診療科(総合外来)

今月の外来日割表

電話

医師紹介

shimomura.jpg
科長

下村 裕 教授

shimomura.jpg

瀬川 誠 准教授

(漢方専門医)

漢方診療の特徴

  1. 保険の範囲内で専門医による漢方診療を受けることができます。
  2. 一人一人にあわせたテーラー型の漢方処方ですので、各人の訴えにあわせた治療が可能です。
  3. 漢方治療を通して、肥満や便秘等の体質改善を行っています。
  4. 漢方薬の作用はマイルドで、自然な治癒が期待できます。
  5. 漢方薬一剤で様々な症状への対応が可能です。

診療内容

生活習慣病・老人性疾患・消化器疾患・その他の難治性疾患を中心に、漢方医学に基づいた全人的医療を実践しています。

医学的にどこも悪くないと言われたが、様々な症状に悩んでいる方(例えば、めまい・耳鳴り・肩こり・手足の痺れ・頭痛・腹痛・便秘・下痢など)は漢方診療の良い適応です。

また、更年期障害や老化防止を考慮した『食養生』の指導も行っています。

紹介状ご持参のお願い(初診の方)

はじめて受診される方(初診)へ

当科では、高度な漢方医療を提供することを目的としております。そのため、これらの医療を必要とする患者様を1人でも多くお受けするため、原則として、診療所等の他の医療機関から紹介をいただいた患者様を優先して診察しております。つきましては、初めての受診にあたっては、かかりつけ医あるいは主治医とご相談され、紹介状を持参くださいますようお願いします。

対象となるべき疾患や症状

  1. 外科手術後の不定愁訴(便通異常・腹痛・食欲低下など)
  2. 冷えや月経不順などの婦人科領域の不定愁訴
  3. 過敏性腸症候群などの機能性胃腸疾患
  4. 老化と関連した諸症状(めまい・耳鳴り・頻尿・不眠など)
  5. 原因のわからない疾患に伴う愁訴(慢性疲労症候群・繊維筋痛症・舌痛症など)

診療実績

平成18年8月より、漢方外来日を従来の週2回から週3回に増加し、毎年1,500人を超える方に対し漢方治療を提供しています。

フロア案内図

フロア案内図はこちら

ページトップ