各部門のご案内-Information for each department-

医師紹介

令和元年5月1日現在
housyasenn2_3562○.jpg 科長
伊東 克能 教授

診療内容

 各診療科から依頼を受けて画像診断,Interventional Radiology (IVR)を提供しています。各専門スタッフが最先端技術を駆使して診療しておりますので,お気軽に放射線科にご紹介下さい。
 
1.
画像診断
 画像診断部門では,CT,MRI,核医学検査を中心に読影を行っています。
 CTは厚さ1mm以下のデータが,以前よりも速く撮像できるようになりました。水平断だけでなく,冠状断や矢状断も参照できる環境が整備されており,立体的な位置関係も容易に把握できます。時間分解能の向上によって,心臓の検査などでもブレの少ない画像が撮像できます。また,管電圧の異なる2つの管球を用いたDual energyという技術を用いることにより,血管壁の石灰化をより正確に除去したり,造影剤の分布を視覚的に表示したりすることができます。
 MRIは,3テスラ装置が3台,1.5テスラ装置が1台稼働しています。特に3テスラ装置は新しい機種が導入されており,以前よりも高画質の画像を撮像できるようになっています。MRIでは,様々なシーケンスを比較することにより,CTだけでは分かりにくい病変の特徴を捉えることができます。また,血流や胆汁などの流れも可視化することができるようになっています。
 核医学検査では,SPECT/CTが撮像できる装置が導入されています。フュージョン画像を作成して,病変部位の解剖学的な位置関係をより正確に描出できます。
 これらの新しい診断機器を駆使して,全身諸臓器疾患の総合画像診断を行っており,診断結果は報告書で提供しています。各専門診療科のニーズに応えるべく,質の高いレポートの作成を心がけています。

2.
Interventional Radiology (IVR)
 IVRとは,放射線診断の技術を治療に応用した,カテーテル等を用いて低侵襲的に体内から治療する画像下治療のことです。IVR 部門では,診断から治療,血管系から非血管系IVRに至る幅広い手技を行っています。当院は日本IVR学会の専門医修練認定施設であり,複数のIVR専門医が在籍しています。
 血管系IVRでは,出血や悪性腫瘍に対する動脈塞栓術を中心に行っています。コイルやカテーテルなどのデバイスの進歩により,以前よりも細い血管へのアプローチが可能になっています。その他にも,静脈ポート留置術,血管拡張術,ステント留置術,動注化学療法,リザーバー留置術,血管内異物除去術,副腎静脈サンプリングも行っています。
 非血管系IVRでは,主に針生検やドレナージ術を行っています。経皮的針生検は,主に肺や腎臓の腫瘍を対象にしています。超音波またはCTを用いたイメージガイド下で行っており,確実かつ合併症の少ない手技を心がけています。

実施している検査・治療

 画像診断(CT,MRI,核医学,胸部単純X線)
 血管造影・IVR
 超音波検査

画像診断血管造影・IVR 超音波検査

画像診断            血管造影・IVR       超音波検査

診療実績(平成30年度)

外来診察人数 1,777
入院患者数 328
血管造影・IVR 459
超音波検査 229
総レポート数 42,747
 CT 26,532
 MRI 10,375
 RI 1,520
 胸部単純X線写真 4,320

放射線科へのフロア案内図

サムネイル:フロア案内図
1F-フロア案内図

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
内科
脳神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
外科
整形外科
皮膚科
形成外科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝・がんゲノム診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します