各部門のご案内-Information for each department-

整形外科・リウマチ科

今月の外来日割表

医師紹介

令和元年5月1日現在
sakai.jpg 科長
坂井 孝司 教授

診療内容

 山口大学整形外科では四肢関節、脊椎、腫瘍、マイクロサージャリー、外傷について幅広く治療を行っています。とくに病態に関して丁寧に評価し、薬物、ブロック治療などの保存的治療あるいは手術治療についての適応を吟味し、それぞれの患者さんへ最適な治療方針を提示できるよう心がけています。手術治療は関節疾患では術後の生活活動制限の少ない人工関節置換術を目指してナビゲーションを用い工夫を凝らしています。脊椎疾患は難度の高い靭帯骨化症、脊髄腫瘍、側弯症から一般的な脊柱管狭窄、ヘルニアまで対応しています。切断指や骨・軟部悪性腫瘍の再建などに、マイクロサージャリーの技術を応用した四肢の機能再建を行っています。

取り扱っている主な疾患

 骨折・変形性関節症・椎間板ヘルニア・骨腫瘍などの整形外科全般、関節リウマチ、リハビリテーション、スポーツ医学に関する診断

診療実績(平成30年度)

脊椎手術 200
上肢手術 192
股関節手術 100
膝関節手術 97
足部手術 90
骨・軟部腫瘍手術 128
(件数)
資料画像:手術の様子

脊椎手術

整形外科・リウマチ科へのフロア案内図

サムネイル:フロア案内図
1F-フロア案内図

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
内科
脳神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
外科
整形外科
皮膚科
形成外科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝・がんゲノム診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します