お知らせ

お知らせ詳細

2013.03.25中本哲也助教が国際耳鼻咽喉科学振興会のSPIO Awardを受賞しました
2013:03:25:13:56:00

 このたび、医学部附属病院の中本哲也助教が、「Geranylgeranylacetone suppresses noise-induced expression of proinflammatory cytokines in the cochlea, Auris Nasus Larynx Vol.39, No.3, 270-274, 2012」で、SPIO Awardを受賞しました。

 本賞は、Auris Nasus Larynxに平成24年度に掲載された全原著論文(筆頭著者は45歳以下)の中より最優秀原著論文1篇に対して授与されるものです。

 本研究は、耳鼻咽喉科学分野と医化学分野の中井彰教授との「内耳と熱ショック応答」共同研究の一環として行われ、中本助教は、熱ショック応答誘導剤が音響障害後の炎症を抑制することを解明し、その業績が日本耳鼻咽喉科学会内で高く評価され、今回の受賞につながりました。

 なお、授賞式は、第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2013年5月)において行われ、受賞に合わせて記念講演も行われます。

  中本助教は、「この分野において非常に栄誉あるSPIO Awardの受賞者に選ばれたことを大変光栄に思っております。本研究を行うに当たり、御指導いただきました山下裕司教授、中井彰教授に厚くお礼申し上げ ます。また、ともに研究を行ってきた耳鼻咽喉科学教室の先生方にも深く感謝しております。」と受賞の喜びを語っておられ、今後ますますの活躍が期待されま す。

 なお、SPIOとは、Society for Promotion of International Oto-Rhino-Laryngologyの略であり、日本耳鼻咽喉科学会の関連団体です。

 本Awardについての記事:http://www.spio.or.jp/research/spioaward.html

ページのトップへ移動します