お知らせ

お知らせ詳細

2014.11.25中国地区DMAT連絡協議会実働訓練を実施しました
2014:11:25:14:49:10

 山口県で大規模地震が発生した想定のもと、中国地区5県の災害医療チームDMATが山口県に参集し、急性期の医療活動を効率的に行うための訓練が平成26年11月8日(土)に実施されました。
 DMAT(ディーマット)とは、大規模災害等が発生した場合に、急性期に現場等で活動できる機動性を持った医療チームのことです。特別な研修を受けた医師、看護師、業務調整員で構成されており、本院は3チームのDMATを派遣する体制を整えています。
 今回の訓練は参加者数が約300人で、本院にも県内外からDMAT 6 隊が参集し、被災現場から多数搬送されてきた患者さんへの救急処置、また本院では収容しきれなくなった患者さんを県外の病院に搬送するために、山口宇部空港へと実際に搬送する訓練を行いました。山口宇部空港においても、本院のDMAT隊が指揮をとり、搬送されてきた多数の患者さんを県外に搬送するまでの救護及び調整訓練を行いました。
 最近では、広島県や岩国市で大規模な土砂災害が発生していることもあり、参加者は真剣な表情で訓練を行っていました。

ページのトップへ移動します