各部門のご案内-Information for each department-

栄養治療部

医師紹介

令和元年5月1日現在
医師写真:谷澤 幸生 部長
谷澤 幸生 教授

主な業務

  • (1)患者さんの病態栄養学的治療・指導に関すること。
  • (2)入院食業務に関すること。
  • (3)学生、研修生または実習生の教育・指導に関すること。
  • (4)地域住民に対する栄養教育に関すること。
  • (5)各種栄養療法の研究に関すること。
  • (6)委託業務の指導・監督に関すること。
  • (7)所掌業務の調査統計に関すること。
  • (8)その他栄養治療に関すること。

目的と活動

「医食同源」、「薬食同源」という言葉は、病気の治療も普段の食事もともに人間の生命を養い健康を維持するためのもので、その源は同じである、おいしく食べることは薬を飲むのと同様に心身を健やかにしてくれるということを教えています。

患者さんにおいしい食事を提供することは栄養治療の第一歩です。同時に、食事・栄養療法は生活習慣病や消化器疾患にとどまらず、ほとんどの疾病治療の一部であり、基本をなすものです。栄養治療部は患者さんの疾病治療を栄養面から考え、提案し、適切な栄養管理を実施し疾病治療をサポートします。また、患者さん以外にも院内外の医療関係者や住民への栄養教育を実施し、健康増進、疾病予防の啓発活動をおこなうことにより、病院機能の向上に貢献します。病院内のみにとどまらず、地域社会での健康増進、疾病予防のための啓発活動も大事な役割であると考えています。

栄養治療部は、平成16年7月1日に事務部から診療施設として活動開始となり、栄養治療部の理念「安全、安心な食事」「治療に貢献する食事」「おいしい食事」をモットーに、患者さんへの食事の提供を通しての栄養サポートに加え、入院、外来の栄養食事指導、さらに、入院患者さんへの個別栄養管理やNST(Nutrition Support Team)活動を始め、各チーム活動(摂食嚥下・緩和ケア・血液内科・小児血液・糖尿病・呼吸器内科・心臓リハビリ・食道リハビリ・脳神経外科等)の中で、患者さんにとってベストな栄養管理を提言しています。また、患者支援センター活動も行い、入院前のアレルギー食品・食形態の把握・治療食の内容確認や転院等の栄養情報提供書作成も行っています。

栄養治療部スタッフ

栄養治療部スタッフ

資料画像:クリスマス・イブの献立

クリスマス・イブの献立

病院だよりに提供した献立の一部

作り方は病院だよりをご参照ください

資料画像:お魚ビビンバ  資料画像:簡単炊き込みご飯

お魚ビビンバ 2018.1          簡単炊き込みご飯 2019.3

資料画像:ずんだミルク団子(骨太)  資料画像:フルーツいも羊羹

ずんだミルク団子(骨太) 2018.11    フルーツいも羊羹 2019.1

資料画像:簡単ジェラート  資料画像:さば缶ナポリタン

簡単ジェラート 2017.8         さば缶ナポリタン 2019.6

診療実績(平成30年度)

栄養食事指導
個人指導 8,146人
集団指導 82人
管理栄養士が関わるチーム医療(依頼人数)
NST介入 190人
摂食嚥下チーム介入 200人
糖尿病チーム介入 79人
緩和ケアチーム介入 135人
血液疾患チーム介入 46人
小児血液疾患チーム介入 30人
入退院センター 594人
栄養情報提供書作成数 409人
延べ患者食数
一般食 249,470食
特別食(加算) 128,037食
特別食(非加算) 141,172食
経管栄養食 26,645食
各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
内科
脳神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
外科
整形外科
皮膚科
形成外科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝・がんゲノム診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します