各部門のご案内-Information for each department-

肝疾患センター

医師紹介

平成28年5月1日現在
医師写真:坂井田 功 センター長
坂井田 功 教授
医師写真:日高 勲 副センター長
日高 勲 助教

肝疾患診療連携拠点病院とは

平成21年2月山口大学医学部附属病院は、山口県より山口県肝疾患診療連携拠点病院に指定されました。

肝疾患診療連携拠点病院とは、平成19年1月全国C型肝炎診療懇談会報告書として取り纏められた「都道府県における肝炎検査後肝疾患診療体制に関するガイドライン」において、肝疾患に関する専門医療機関の条件を満たし、肝がんに対する集学的治療を行うことのできる医療機関のうち、都道府県の中で肝疾患の診療ネットワークの中心的な役割を果たしている、または、将来果たすことが期待される医療機関を各都道府県につき原則一カ所選定することが盛り込まれたことに基づいて設立されたものです。

県内において良質かつ適切な医療を提供するためには、医療機関における肝炎を中心とする肝疾患診療の向上、均てん化を図ることが必要です。

そのためには、かかりつけ医と専門医療機関との連携、肝疾患診療連携拠点病院と他の専門医療機関との連携が必要であり、それぞれの役割に応じた診療体制の構築を進めていくことが大切です。

肝疾患センターでは、診療連携を推進すべく、様々なツールを作成し、HPで紹介しています。また、研修会の開催や肝疾患に関する情報提供を行っています。詳しくは、当センターのHP(http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~kanzou/index.html)をご覧下さい。

肝疾患診療連携拠点病院の役割

  1. 肝疾患診療に係る一般的な医療情報の提供
  2. 都道府県内の専門医療機関等に関する情報の収集や提供
  3. 医療従事者や地域住民を対象とした研修会や講演会の開催や肝疾患に関する相談支援
  4. 肝疾患に関する専門医療機関と協議の場の設定

組織図

肝疾患センター組織図.jpg

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
第一内科
第二内科
第三内科
神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
第一外科
第二外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します