各部門のご案内-Information for each department-

リハビリテーション部

医師紹介

令和元年5月1日現在
sakai.jpg 部長
坂井 孝司 教授
医師写真:泉 博則 理学療法士長
泉 博則

主な診療内容

リハビリテーション部は医師3人、理学療法士17人、作業療法士6人、言語聴覚士3人、看護師1人で構成され、医師の処方に基づき理学療法、作業療法、言語聴覚療法および手の外科手術後のハンドセラピィを行っています。訓練室は1病棟1階にあり、十分な面積の訓練室には各種温熱療法機器、水治療室、BIODEXといった筋力評価装置を備え、各種の多角的アプローチが可能です。脳梗塞などの発症早期や術直後などで早期リハビリテーションが必要な患者さんに関しては、担当医の申し込みに応じて病棟でのベッドサイドリハビリテーションを行っています。病状が安定し訓練室でのリハビリテーションが可能になれば、訓練設備の整った訓練室リハビリテーションへと順次切り替えていきます。当院の高次機能病院としての特性と訓練士の人的制限のため、リハビリテーション部における訓練は入院患者さんが中心であり、退院後は近隣の病院にて維持期のリハビリテーションの継続をお願いすることとなります。

また各診療科の患者さんの問題点に対して、毎週火曜日の午後4時30分からリハビリスタッフが病棟担当医や病棟看護師と合同でリハビリテーションカンファレンスを行い、個々の患者さんのリハビリテーション上の問題点を検討しリハビリ目標の統一化を図っています。

診療実績(平成30年度)

理学療法
患者数 35,313
療法件数 運動療法 34,034
日常動作訓練 7,472
義肢装具装着訓練 113
電気温熱寒冷光線療法 946
水治療法 15
その他 1,248
43,828
作業療法
患者数 17,943
療法件数 機能的作業療法 16,338
日常動作訓練 5,293
心理的作業療法 508
職業前作業療法 3
その他 463
22,605
言語聴覚療法
患者数 6,916
療法件数 摂食・嚥下障害訓練 5,571
失語症、高次脳機能障害 0
構音障害訓練 155
音声障害訓練 53
検査・評価 2,732
8,511
資料画像:運動療法室の様子

運動療法室

資料画像:運動療法の様子

関節可動域改善練習

資料画像:運動療法の様子

光線療法

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
内科
脳神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
外科
整形外科
皮膚科
形成外科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝・がんゲノム診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します