各部門のご案内-Information for each department-

超音波センター

医師紹介

平成30年5月1日現在
t-yamasaki.jpg センター長
山﨑 隆弘 教授

主な診療

超音波検査の実施(腹部エコー検査、心エコー検査、末梢血管エコー検査)

現在センター内には、循環器・血管用超音波診断装置8台、腹部用超音波診断装置5台が稼動しています。検査は原則予約制で実施しており、待ち時間なく検査が実施できるよう努力しています。

部門の紹介

心血管超音波検査室
 主に成人心エコー図検査、血管エコー検査を施行しています。
 心エコー図検査では弁膜症や心筋梗塞等の診断や経過観察、治療効果の判定、症例に応じて運動負荷超音波や3次元超音波を加えた詳細な解析を行っています。また、手術適応や術式決定、合併症予防のため、体表面からは詳細な観察が困難な左心房や弁膜症の評価は積極的に経食道心エコー図検査を施行しています。
 血管エコー検査では入院・手術による下肢血流うっ滞に伴い生じる深部静脈血栓症の診断や動脈硬化性変化の把握のため頸動脈・腎動脈の血流評 価等を行っています。
腹部超音波検査室
成人の腹部エコー検査および内臓脂肪測定検査を施行しています。
 腹部エコー検査では肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓などの実質臓器の観察のほか、消化管エコーなどにも力を入れています。従来,存在診断の意義が大きかった腹部エコー検査でも造影エコー検査を付加することにより質的診断が可能となりました。近年、肝疾患では、脂肪肝が増加し、それによる肝硬変や肝発癌が問題となっています。非侵襲的な脂肪肝の定量や肝硬度測定などが可能となり患者さんに負担の少ない検査・医療を心がけています。
資料画像:心血管超音波検査室

心血管超音波検査室










資料画像:腹部超音波検査室

腹部超音波検査室

超音波センター取得資格

超音波医学会認定 超音波専門医 4名
心エコー図学会認定 SHD心エコー図認証医 3名
周術期経食道心エコー認定  3名

超音波医学会認定 超音波検査士
 循環器領域: 4名  
 消化器領域: 3名

心エコー図学会認定専門技師  1名
血管診療技師  1名

2017年検査実施件数

心血管超音波検査室
経胸壁心エコー 5,784件
経食道心エコー 382件
血管エコー 1,272件
腹部エコー検査室
腹部エコー 3,593件
造影エコー 240件
肝硬度測定 175件

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
第一内科
第二内科
第三内科
神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
第一外科
第二外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します