各部門のご案内-Information for each department-

医師紹介

平成29年5月1日現在
t-yamasaki.jpg 部長
山﨑 隆弘 教授

診療内容

検査部は外来あるいは入院の患者さんが正しい診断と適切な治療を受けられるように、血液検査、生化学検査、尿検査、微生物検査、生理機能検査(心電図、脳波、呼吸機能検査等)など多くの検査を専門に行う部門です。

主要な血液検査については24時間体制で行われています。部内でのデータ管理に加えて、日本臨床検査技師会、日本医師会、the College of American Pathologistsなどによる外部精度管理を定期的に行い、正確なデータをお届けできるよう日々努力しています。また、病院全体で行っている利用者満足度調査の結果を部内の改善に役立てています。

主な診療領域

検査部は外来あるいは入院の患者さんが正しい診断と適切な治療が受けられるように、血液検査、尿検査、心電図などたくさんの検査を専門に行う部門です。

取り扱っている主な疾患

血液検査、一般検査、生化学検査、微生物検査、遺伝子検査、血管エコー検査、心エコー検査、心電図検査、尿素呼気試験、脳波検査、肺機能検査、腹部エコー検査

診療実績(平成28年度)

検査当直 233,759
輸血当直 2,660
一般検査(尿・便検査) 138,228
血液検査 497,703
臨床化学検査 2,227,448
血中薬物濃度測定 5,375
微生物検査 81,832
免疫検査(遺伝子検査含む) 206,208
生理機能検査
心電図・呼吸器
脳波・筋電図
超音波検査(心臓・血管・腹部)
耳科検査
53,278
30,590
4,078
14,789
3,821
採血患者数 71,847
(件数)

資料画像:採血
採血

資料画像:血液検査
血液検査

資料画像:尿検査
尿検査

資料画像:遺伝子検査
遺伝子検査

資料画像:微生物検査
微生物検査

資料画像:肺機能検査
肺機能検査

臨床検査を終了した残余検体の業務、教育、研究のための使用について

山口大学医学部附属病院検査部は、附属病院の理念・目的のひとつである「世界に発信する先進的医療の推進」を目指しております。このなかで検査業務、医学教育、臨床研究を実施するのに欠かせないのが、患者さんから採取して臨床検査を終えた残余検体の再利用です。残余検体の再利用については「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について―日本臨床検査医学会の見解―」を遵守し行っております。

患者さんにおかれましては、これらの残余検体の再利用の趣旨をご理解頂ましてご協力を賜りますようお願い申し上げます。なお、研究目的の使用は、院内の適切な審査を経て行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

各部門のご案内
各部門のご案内一覧
診療科
総合外来
第一内科
第二内科
第三内科
神経内科
呼吸器・感染症内科
精神科神経科
小児科
第一外科
第二外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
放射線治療科
産科婦人科
麻酔科蘇生科
脳神経外科
歯科口腔外科
遺伝診療外来
中央診療施設等
診療施設
企画・管理部門
薬剤部
看護部
ページのトップへ移動します