お知らせ

お知らせ詳細

2015.04.27超音波センター有吉技師が最優秀賞を受賞
2015:04:27:17:39:19

 超音波センターの有吉亨臨床検査技師が、第26回日本心エコー図学会学術集会の「JSE 2015 Imaging Award for Sonographers」で最優秀賞を受賞しました。
 同賞は美しい画像、珍しい画像、説得力のある画像などを競うもので、有吉技師は「Severe AR due to sucked flap」の演題にて発表し、裂けた大動脈の内膜が左心室内に逸脱する比較的珍しい症例において通常の2次元心エコー図に加え、3次元心エコー図を用いることで客観的にわかりやすく美しい画像を描出した点や臨床的な有用性において高く評価されました。
 「この度は、超音波センターの技師・医師および心臓血管外科の医師の方々といったハートチームに所属する皆様のご協力により、このような賞をいただくことができました。チーム医療の一員として、より臨床診断に有用な画像を提供していきたいと考えております。」と有吉技師から受賞の喜びが語られました。「画論 The Best Image 2014」超音波部門(心臓部門)最優秀賞受賞に続いての快挙で、今後更なる活躍が期待されます。

最優秀賞受賞の有吉技師(右)と和田検査部副部長
ページのトップへ移動します