お知らせ

お知らせ詳細

2018.05.16平成30年度 災害対策訓練を実施しました
2018:05:16:14:24:17

 5月2日(水)、大規模な事故等の発生により、夜間に多数の患者の受け入れ要請があった場合を想定した災害対策訓練を実施しました。
 訓練に参加する看護師や事務職員は、事前にDMAT(災害時派遣医療チーム)の医師からトリアージ(災害・事故現場で重症度によって治療の順番を決めること)に関する講習を受け、訓練に臨みました。
 訓練では、花火大会の花火の暴発により200名程度の負傷者が発生し、消防から50名程度の患者の受け入れ要請があったと想定し、災害対策本部及びトリアージセンターの立ち上げを行いました。参加者は、災害対策本部での情報収集や管理、トリアージセンターでは、DMAT隊員の助言を得ながらトリアージ、診療記録の記入、時系列記録表の作成等を実践しました。
 参加者からは、「実際の状況を想定した訓練を実施したことで、具体的な課題が発見できた」「トリアージ全体の流れを知ることができた」「最初に役割分担を明確にする必要がある」「責任者が明確にわかる方法が必要」などの意見がありました。
 本院では、今回の訓練結果をもとに、今後も引き続き災害対策や対応方法の改善を行って参ります。

災害対策本部訓練の様子
トリアージセンター訓練の様子
ページのトップへ移動します