お知らせ

お知らせ詳細

2015.06.29肝臓の最新再生医療について、渋谷工業株式会社と特許権およびノウハウ実施権の許諾契約を締結しました
2015:06:29:16:28:00

 山口大学は進行した非代償性肝硬変の治療において、患者負担が寄り少ない治療法を開発しました。その治療法は患者さんから局所麻酔下に骨髄液を少 量(約30ミリリットル程度)採取し、それを培養装置内で培養して骨髄間葉系幹細胞を含む細胞群を増やし、品質・規格・安全性の評価を行った後、その細胞 を懸濁液として、採取された患者さんの腕の静脈から点滴投与により体内に戻すという治療法です。
 この臨床研究の実施については、2014年8月に厚生労働省の了承を得ており、主として安全性を確認することを目的とした臨床研究を、山口大学で鋭意、 実施中です。この過程で、本学の単独特許、および本学と澁谷工業株式会社との共同特許が創生されました。この度、これらの特許権およびノウハウの実施権に ついて、澁谷工業株式会社への独占的実施権を許諾することになりましたのでお知らせいたします。

詳細は、本学のHPをご覧ください。
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/weeklynews/2015/_4345.html

【英語版】
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/english/4/_4214/_4347.html

ページのトップへ移動します