お知らせ

お知らせ詳細

2013.05.16平成25年度「看護の日」記念行事を開催しました
2013:05:16:11:00:00

 5月8日(水)、医学部附属病院外来棟1階ロビーおよび2階フロアにて、「看護が私を強くする」をメインテーマに「看護の日」記念行事を開催しました。

 はじめに、田口病院長から、「看護師の"師"は、技術を持つ人、プロフェッショナルという意味があります。看護の日を通じて看護を理解してもらうことはもちろん、それぞれの看護とは何かを考えるきっかけにもなればと思います。」と挨拶がありました。

 続いて、お祝いと感謝の意を表して、田口病院長および阿部事務部長から猪上看護部長へ花束が贈呈され、猪上看護部長から「課題は沢山ありますが、役割をまっとうできる看護部でありたいです。」とお礼の言葉がありました。

  1階ロビーでは、記念グッズ(絆創膏)の配布、介護用品の展示、また患者さんや来院者の方々を対象に、看護師・医師およびメディカルスタッフが、医療・栄 養・福祉・健康の相談コーナーおよび禁煙啓発コーナーにて相談に応じたほか、集中ケア、糖尿病看護、感染管理、がん性疼痛看護認定看護師などアドバンスト ナースチーム(※1)による肺年齢測定、血糖測定、手洗いチェック、ハンドマッサージの実践・指導も行い、多くの方々に参加いただきました。

  また、「部署の一番」をテーマに、各部署が趣向をこらして制作したパネルを展示し、医療・看護の魅力および自部署の取り組みをPRしました。写真や川柳も 展示し、楽しくユーモラスな作品や心温まる作品に、足をとめて観賞される方々もいらっしゃいました。病院長による審査の結果、パネル部門では臨床試験支援センター、川柳部門では検査・診療部の「その笑顔 元気にさせる 特効薬」が最優秀賞を受賞しました。

 当日は、ヤマミィもお手伝いにきてくれ、記念グッズの配布や、身長測定や健康相談をしたり、記念撮影に応じたり等、大活躍でした。

(※1)アドバンストナースチーム
日本看護協会等で資格認定を受けた「専門看護師」「認定看護師」がチームを組み、各専門分野において看護の質の向上に携わっています。
山口大学医学部附属病院では、現在、専門看護師1名・認定看護師23名で構成されており、構成人員数としては全国で5番目に多く、病院スタッフへの教育・指導や患者相談など様々な場面で活躍しています。

猪上看護部長
猪上看護部長
看護部長、いつもありがとうございます!
看護部長、いつもありがとうございます!
認定看護師によるハンドマッサージ
認定看護師によるハンドマッサージ
血圧測定
血圧測定
沢山の方々が相談にこられました
沢山の方々が相談にこられました
パネル部門最優秀作品
パネル部門最優秀作品
ページのトップへ移動します